2010年06月16日

会期延長、調整続く=郵政成立求める―国民新(時事通信)

 仙谷由人官房長官は10日午前、国民新党の亀井静香代表(金融・郵政改革担当相)と都内で会談し、郵政改革法案の扱いと会期延長の是非について協議した。国民新党は同法案の会期内成立を求めているが、民主党内では参院選日程がずれ込む会期延長に否定的な声が多く、郵政法案は先送りすべきだとの意見が強まっている。
 会談で仙谷長官は、民主党の参院側が会期延長に強く反対していることを説明。仙谷氏はこの後、記者団に「民主、国民新両党でどう調整していただくかという話をした。これからだ」と述べ、亀井氏らとさらに調整を続ける考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
会期延長に慎重=官房長官
小沢流政治と戦う=新党改革・荒井広幸幹事長

<はやぶさ>JAXA教授「神がかり的だった」…任務完了(毎日新聞)
「とうとう来た…」都城で口蹄疫、衝撃と落胆(読売新聞)
進次郎氏「とことんやってほしい」…荒井氏事務所費問題(スポーツ報知)
<東京メトロ>東西線日本橋駅ホームで煙(毎日新聞)
菅内閣 世論支持回復が内閣方針トップ 初閣議(毎日新聞)
posted by ニシタニ キミオ at 16:24| Comment(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。